WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

pechamama

胸がなくても、乳は出たぜ。妊娠中からの長ーい育児記録。

魔法の絆創膏 — 2011年6月6日

魔法の絆創膏

ミニー3歳ちょうど。


昨夜ね、寝る前に

魔法の絆創膏1


痛そうなのを見ると、怖くなって隠したくなるみたいなんだよね。
うん、それはわからんでもない。


でも、傷じゃないし~、「大丈夫だよーすぐ治るよ」と言おうとしたら、

魔法の絆創膏2


なにぃ!?


まさか例の事件から2ヶ月ぶりに我が家の風呂に入るとな?


絆創膏、貼らせていただきます!


というわけで、昨夜からひざには絆創膏を貼ってて、今日たまたま
転んでひざから血が出たんで、新しいのを貼りなおしてやったんですが、
いざお風呂タイムとなれば通常どおり湯船を嫌がるかと思ったんだよね。


が、ミニーは勇敢にも

魔法の絆創膏3


ちょっと震えながら、自らに言い聞かせながら、恐怖と戦い、

魔法の絆創膏4


なぁんだ~やっぱりねぇ。と思ったけど、


2ヶ月間(じぃじと入ったの以外)全力で拒否だったので驚いて、
思わずママは写真撮らせて!とカメラを取りに走りましたわよ。


というわけで、無事風呂に入れるようになりました。
ミニーがなぜ急に入る気になったのか、
なぜ絆創膏が魔法のアイテムだったのか、さっぱりわかりません・・・
が、終わりよければすべてよし!


ミニー、がんばった!絆創膏、ありがとう!


↓↓↓ランキング参加中☆ミニー、がんばった!

人気ブログランキングへ

↑↑↑ごほうびに1クリックを・・・